(避難所運営ゲーム) HUG体験会@新宿 2016・3月度

活動・イベントは 2017/03/11 - 2017/03/11

主な地域 : 東京都

(避難所運営ゲーム)HUGは、災害対策先進県である静岡県が考案した避難所の運営を体験できるゲームです。

町会・自治会の方はもちろん、地域の一般のみなさんも、この機会にぜひHUGで避難所の運営を体験してみてください。

震災などの大規模災害が起きたとき、避難を余儀なくされた人々が頼りにするのは避難所です。新宿区では小中学校が一次避難所として指定されており、町会や自治会が中心となってこれを運営することになっています。

では、実際に災害の当日、避難所では何が起こるのでしょうか。

避難所には、高齢者、乳幼児のいる家族、妊婦さん、帰宅困難者、さまざまな人たちが集まってきます。ペット連れの人もいるでしょう。インフルエンザなどの感染症にかかっている人がいるかもしれません。また、不幸にもご家族を失ってしまった人も…。

運営者は、次々とやってくる人々に、待ったなしで対応しなければいけません。避難者同士のトラブルや思いがけない出来事が起きることもあります。しかし、運営者も地域の一住民。避難所運営の経験者はほとんどいないはずです。だからこそ、私たちには必ず来るであろう「その日」のために、「その日」のことを仮想体験をしておくことが必要です。

(避難所運営ゲーム)HUGは、災害対策先進県である静岡県が考案した避難所の運営を体験できるゲームです。

プレーヤーは避難所の見取り図を囲んで、読み上げられる「避難者」カードと「出来事」カードに、どう対応するかを瞬時に判断しなければなりません。だれをどの部屋に避難させるか。避難者から出る要望にどう対応するか。運営者として適切な判断が必要となるのです。ゲームが終わったときには、おそらく多くの反省が残ることでしょう。その反省をプレーヤーが語り合うことがこのゲームの狙いです。

町会・自治会の方はもちろん、地域の一般のみなさんも、この機会にぜひHUGで避難所の運営を体験してみてください。

ご連絡先 : skillboat.waseda@gmail.com | 080-5034-3904 | (担当 : 千野雅則)

活動・イベントのウェブサイト   申し込みリンク


活動・イベントの場所 : 榎町地域センター 4F多目的ホール(東京メトロ東西線・早稲田駅から徒歩10分)

集合について4F多目的ホール
お手当参加費 500円
参加者 20名まで(高校生以上)
託 児 3歳以上の未就学児を10名まで(無料・ボランティアによる)
キーワード 防災,

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。